● いしかわ(白山麓の湧き水)

2017年3月28日 (火)

柳原、長者畑の清水(3月26日)、白山麓の湧き水、鳥越、白山市、石川県、とは (2017.3.28)

 おととい(3月26日)金沢は、寒の戻りで、日中は2~10℃、曇空で一時は雨から雪になりました。いつものように、白山麓の鳥越へ水汲みに出かけましたが、 いつもの杉森地蔵水と神子清水には、先客の姿が見えましたので、さらに5キロほど山奥の柳原、長者畑の清水を汲みに行きました。

 地元の人の話では、近年、国の交付金による、向かいの長者畑の区画整理、道路の拡張、河岸斜面のブロック工事があり、その後、余剰金を使って、昔からの道路下の湧水路に配管を設け、そこへの石段もつくられました。ここは白山麓の山奥であり、今でも周辺には残雪が見られました。

○ 柳原、長者畑の清水

P3265260_3

P3265263

P3265266

P3265253

P3265248_2

P3265249

P3265245

P3265244_2_2

柳原、長者畑の清水、白山麓の湧き水、鳥越、白山市、石川県 2017.3.26

(Link)
 〇 秋の暮れ、白山(石川)の麓の柳原町(白山市)の里山、柳原の湧水、堂川のイワナ(岩魚)、とは(2010.10.31): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/20101031-555e.html

 

2017年3月15日 (水)

早春の霊峰白山、お地蔵さんの清水、白山鳥越の太陽光発電所、とは(2017.3.15)

 先日(3月12日)金沢は、朝方から晴れ、1~11℃、2週間ぶり、白山のふもと、鳥越の杉森地蔵水の湧き水を汲みに行きました。

 その途中、白山市の山の手、鳥越地域から早春の白山連峰を遠望し、また、近くの白山鳥越太陽光発電所を目にし、その光景をデジカメに収めました。

〇 霊峰白山 

P3124673_2

P3124700_2

P3124674_2

早春の霊峰白山、鳥越、白山市、石川県、2017.3.12、白山連峰は真っ白ですが、山麓の白い雪野原は、すっかり雪が解けて、一面黒い土の稲田が見えました

〇 お地蔵さんの清水

P3124650

P3124664_2

P3124651

杉森地蔵水の湧水、杉森、白山市、石川県、2017.3.12、湧水の流れ落ちる水鉢や近くの道路わきの雪もすっかり解けていました。

〇 白山鳥越太陽光発電所

P3124722_2

P3124715

P3124717_2

P3124705_2

白山鳥越太陽光発電所、 鳥越、白山市、石川県、2017.3.12、この地域では、太陽光パネルの向きが真南、傾斜角度が30°の時に最も発電量が多くなると言われています。 

  白山鳥越太陽光発電所は、2014年10月11日に竣工、白山市の旧河内村から鳥越村に入ったエリア(国道157号から県道44号に入ってすぐ右手)に設置されています。

地方の遊休地を活用する、地域密着の小型再生可能エネルギー事業で、投資や雇用を産む、地域創生の旗手となることが期待されています。

(Link)

 〇 白山の雪化粧と杉森地蔵水(12月4日)、白山市、石川県、とは(2016.12.10):http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-8c4b.html 

 〇 真っ白になった霊峰白山(12月18日)、鳥越、白山市、石川県、とは (2016.12.22): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/20161222-c77b.html 

 〇 どんど焼き、小正月(1月15日)、白山比咩神社、雪中の水汲み、杉森地蔵水、白山市、石川県 (2017.1.18): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/152017118-6565.html

(追加説明)

〇 白山鳥越太陽光発電所

石川県白山市河合町北、敷地面積 9,220m2(約2,800坪)、発電出力 800kw

太陽電池モジュール HIT(ヘテロ接合型、n型単結晶シリコン半導体の両面にアモルファスシリコン半導体が形成された構造、名称はHeterojunction with Intrinsic Thin-layerの頭文字)3,339枚

パナソニック(株)製 品名:HIT240A、一枚あたりの出力:240W、一枚あたりの大きさ:幅1,580×奥行812(mm)

産業用太陽光発電システム(リチウムイオン蓄電システム、大竹電機株式会社):
http://www.ohtakedenki.com/a1t-industry

 

 

 

2017年1月18日 (水)

どんど焼き、小正月(1月15日)、白山比咩神社、雪中の水汲み、杉森地蔵水、白山市、石川県 (2017.1.18)

 日本列島は、2017年1月15日、全国的に激しい冷え込みとなり、各地で今季最低気温となりました。気象庁によると、北日本から東日本の上空約5000mに氷点下39℃以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となっていました。

 石川県内は15日、断続的に雪が降り、各地で氷点下を下回りました。金沢地方気象台によると、積雪量は金沢市で7㎝、白山市で26㎝、珠洲市で24㎝でした。また、最低気温は金沢市で氷点下1.5℃となりました。

 小正月15日、白山市の白山比咩神社では、古い札やお守り、しめ縄、正月飾り、書初めなどを焼く、どんど焼き(年神を送る行事)があり、一年の無病息災をお祈りしました。なお、それに先立ち、拝殿で左義長祭が営まれました。

〇 どんど焼き

2017115_20170117_3_5

白煙と炎を噴き上げて燃えるどんど、時折、青竹がはぜる破裂音が響く! 白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)、白山市三宮町、 2017.1.15

しらやまさんの左義長どんど焼 、直径8メートルにうず高く積み上げられた正月飾りや書き初めが、激しく燃え上がりました! 石川県白山市、YouTube(Tom.S): https://youtu.be/_KiThC9mYRg、2017.1.15 

(解説) 北参道の駐車場に、青竹を八本組み合わせたやぐらを組み、その下に焼く物を積み上げ、こもで巻いてあります。直径8m、最大の高さが10mの巨大などんどが出来上がっています。神職が火鑚(き)りろくろでおこした忌火(いみび)をたいまつに移しました。地元鶴来、北辰両中学校の生徒7人が、たいまつをどんどに押し当て点火しました。(北陸中日新聞、2017.1.16)

 〇 杉森地蔵水

P1153336_2_3

P1153349

P1153347_2

杉森地蔵水、 石川県白山市杉森町  2017.1.15  

(解説) 若水(わかみず)は、元日の朝に初めて汲む水のことですが、一年の邪気を除くという。それにあやかり、金沢はこの日の朝、雪が降り、気温1~3℃、、積雪5㎝でしたが、息子の運転で、白山市の杉森地蔵水の湧き水を汲みに出かけました。そこの積もった雪は道路脇に除雪され、うず高い白壁となっていました。

P1153353_2


(Link)

 〇 白山さん(白山比咩神社)で左義長祭、小正月(1月15日、年神を送る行事)の火祭り、どんど焼き、とは(2016,1,19): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/115-7f38.html

 

 〇 白山の雪化粧と杉森地蔵水(12月4日)、白山市、石川県、とは(2016.12.10):
http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-8c4b.html

(追加説明)

  若水(わかみず)

 元日の朝に初めて汲む水のことで、一年の邪気を除くという。この水で年神の供え物や家族の食べ物をたき、口をすすぎ、お茶などをたてる。これをくみにいくのが若水迎えで、東日本では年男の役目だが、西日本では女がするところも少なくない。

 古くは、宮中で立春の日に、主水司(もいとりのつかさ)から天皇に水を奉う行事がありました。邪気を除くといわれ、古代の変若水(おちみず、若返り水)の信仰から出たものという。

〇 地蔵

 子供の死後、賽(さい)の河原で苦難を救うという俗説によって、子供の守護仏として信仰されています。

〇 二十日正月(骨正月、乞食正月)

 正月の終わりの節目で、正月の祝い納として業を休みました。京阪では、正月に用いたブリの骨を20日の間、酒粕(さけかす)の中に入れ、ごぼう、だいこんと共に煮て食べることから「骨正月」ともいう。また、石川県下では「乞食正月」「奴(やっこ)正月」といい、東日本の一部でも棚探し(群馬)、フセ正月(岐阜)、二十日ワッパカ(岩手)などといって、正月のごちそうや餅を食べつくす日としているのと同じ風習です。(樋口清之監修、生活歳時記、三宝出版、より)

2016年12月10日 (土)

白山の雪化粧と杉森地蔵水(12月4日)、白山市、石川県、とは(2016.12.10)

 今日(12月10日)金沢は、曇、3~8℃、午前11時40分にみぞれが降りました。これは、冬型の気圧配置によるもので、 金沢地方気象台は、金沢市で初雪を観測!と発表しました。 金沢市の初雪は、平年より11日遅く、去年よりも7日早い観測となりました。

 先日(12月4日)金沢は、朝方から晴れ、9~15℃、2週間ぶり、白山の麓、鳥越、杉森地蔵水の湧き水を汲みに行きました。 その途中、白山市の山の手、鳥越地域から雪化粧した白山連峰を遠望し、その光景をデジカメに収めました。

〇 白山の雪化粧

Pc042809_8

Pc042809_9

Pc042808_2

白山の雪化粧            石川県白山市、鳥越   2016.12.4

〇 杉森地蔵水

Pc042796

Pc042795_3

Pc042795_2

Pc042798

Pc042797

杉森地蔵水            石川県白山市、杉森 2016.12.4

(Link)

〇  杉森地蔵水の水汲み(12月6日)、白山連峰の岳峰のふもと、鳥越の杉森地蔵水、
とは(2015.12.9): 
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-9931.html

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)