カテゴリー「● 人物(野々村仁清、加賀の千代女、中谷宇吉郎)」の3件の記事

2017年11月16日 (木)

野々村仁清(京焼色絵の祖)の色絵雉香炉(国宝)、色絵雌雉香炉(重要文化財)、石川県立美術館蔵、とは(2017.11.16)

 江戸時代、野々村仁清(京焼色絵の祖)によって作られた、色絵雉香炉(国宝)、また、色絵雌雉香炉(重要文化財)は、石川県立美術館(金沢)が所蔵、一般の人々が鑑賞できるよう、常設展示されています。

 
 雄の雉香炉(国宝)は、尾を水平に延ばし鋭く前方を見る姿が、色彩豊かに表現されています。一方、雌の雉香炉(重要文化財)は、尾を斜めに上げ、毛繕いしている姿が、地味な色合いで表現されています。
 
 金沢城址の金沢大学に勤務中、1969年(昭和44年)頃、近くの金沢伝統工芸館の展示場で、この香炉を初めて目にし、これが国宝なるものか!と感嘆しながら眺めたことを、今でも懐かしく思い浮かべます。

31_3_3
2_2_4

色絵飾香炉、野々村仁清作、左 色絵雌雉香炉(重要文化財)、右 色絵雉香炉(国宝)、石川県立美術館蔵

(Link)

 〇 石川県立美術館(ホームページ):http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/

 〇 野々村仁清(京焼色絵の祖)と国宝の色絵雉香炉(石川県立美術館蔵)、とは(2009.12.18): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/20091218-f284.html
 

2017年11月10日 (金)

加賀の千代女(加賀國松任の俳人)、画賛軸、四季折々の風情の俳画、とは(2017.11,10)

 加賀の千代は、江戸中期の女流俳人で、「朝顔や つるべとられて もらひ水」の句で広く知られる。1708年(元禄16年)、加賀国松任(現石川県白山市)の表具師の娘として生まれた。

 彼女が一生涯で詠んだ、約1700の句には、四季折々の風情が、数多く詠み込まれている。中でも「画賛軸」と呼ばれる、俳画作品は、昔から俳句愛好家たちの間で珍重されてきた。

〇 千代女四季の画賛

春の句 花にさへ 出ほしむあしを わかなかな

Gi00164_e0101_3

春の句は、若菜の絵が添えられた新年の句。県立歴史博物館所蔵品。

夏の句 清水には 裏も表も なかりけり

Photo

夏の句は、写実的な描写の句。片膝をついて座った構図で、71歳の時の千代女が浮世絵師によって描かれている。前書き「真如平等」、仏の教えを詠んだものという。白山市指定文化財。

秋の句 百生や つるひとすじの 心より

I00158_e0101

秋の句は、ヒョウタンが描かれた句。永平寺参拝、禅師、「三界唯心」、一念の心に三千の諸法を具すを詠み込む!千代女が最も好きな作品という。県立歴史博物館所蔵品。

冬の句 髪を結ぶ 手の隙あけて こたつかな

Photo_3

冬の句は、剃髪した時の心情を詠んだとされる句。片膝をついて座った構図で、71歳の時の千代女自身が絵を描いたという。千代尼画自画像「髪を結ふ」の句竪幅、白山市指定文化財。

絵に千代女の句を添えた画賛軸 、千代尼、73歳、辞世の句は、「月も見て 我はこの世を かしく哉(かな)」でした。

(Link)

 千代女の里俳句館: http://haikukan.city.hakusan.ishikawa.jp/index.html

 加賀の千代女(加賀國松任の俳人)にまつわる歴史逸話、朝顔に(朝かほに、
句屏風、俳画)、鬼瓦、蚊帳のなか、朝鮮通信使、とは(2009.7.3):

http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/200973-e172.html

2017年1月23日 (月)

雪は天から送られた手紙、世界初の人工雪、中谷宇吉郎(加賀市、石川県)、とは(2017.1.23)

 北海道は、乾いて軽いサラサラの粉雪ですが、北陸は、湿って重たいベタ雪です。この雪質の違いは、気象条件、特に気流(シベリア寒気団)による気温、海流(リマン寒流、対馬暖流)による水蒸気の湿度に起因しています。

 今年の1月20日(土)は、24節気のうち、最後の節、大寒! この日の金沢は、朝は曇で、3~6℃、昼近く降りしきる雪を見た時、ふと、雪は天から送られた手紙である、との言葉が思い浮かびました。 

 これは、中谷宇吉郎(なかやうきちろう片山津温泉、加賀市、石川、もと作見村片山津)が、色紙や書簡に好んで書いた文句です。

 まさに、雪は天から送られた手紙であり、その暗号を読み解く鍵が、中谷ダイヤグラムです。 これは、雪の結晶が、大気中の温度と水蒸気の量(氷に対する過飽和度)の違いに起因していることを解明したのものです。 

〇 雪は天から送られた手紙

Photo_2

雪は天から送られた手紙である(詩画、中谷宇吉郎)

〇 雪の結晶と中谷ダイヤグラム

Photo_11

雪の結晶のパネル

Photo_4

中谷ダイヤグラム 、雪の結晶と気温℃、水蒸気の量%(過飽和度)との関係

雪は天から送られた手紙、中谷宇吉郎 雪の科学館(石川県加賀市、ホームページ): http://kagashi-ss.co.jp/yuki-mus/profile/

Photo

中谷宇吉郎(1900~1962、中谷宇吉郎記念財団)

〇 世界初の人工雪の結晶

Photo_2

世界初の人工雪の六花の結晶、ウサギの毛につるされている人工雪、1936年(昭和11)3月、北海道大学の実験室

世界初 雪の結晶を作る、 HOKUDAI Only One!No.22~北海道大学~、
YouTube(onlyone hokudai): 
https://youtu.be/z861Yxzvmeo

Photo

人工雪誕生の地

 (解説) 1936年(昭和11年)3月12日、零下50℃まで下げられる、北海道大学の常時低温実験室で、世界で初めて人工雪の結晶を作ることに成功しました。

 中谷教授が人工雪の製作に世界で初めて成功した跡地には、1979年(昭和54年)7月4日、白いみかげ石に六角板結晶をかたどった記念碑が建てられました。

 私もそこを何度か訪れたことがあり、また、1999年(平成11年)2月、北海道大学大学院地球環境科学研究科の招聘講師として訪れたとき、北海道と北陸の雪質の大きな違いも実感しました!!

(Link)

 〇 雪は天から送られた手紙である、という言葉の生みの親、中谷宇吉郎(雪氷科学者、随筆家)、とは(2010.6.14) :http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/2010614-412c.html 

  〇 とやま雪の文化(雪の結晶、富山県、ホームページ):
http://www.pref.toyama.jp/sections/1711/yuki/course/course_crystal.html 

  〇 世界初・雪の結晶をつくった男(SORA気象アーカイブス Vol.12、2016):
http://weathernews.jp/soramagazine/201603/05/

 

 

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

歴史散歩とサイエンス

無料ブログはココログ