カテゴリー「スポーツ」の3件の記事

2017年1月31日 (火)

横綱稀勢の里、雲竜型、奉納土俵入り(1月27日)、第72代横綱稀勢の里、明治神宮(渋谷区、東京都)、とは(2017.1.31)

 古代相撲豊作祈願の信仰由来すると言われ、横綱土俵入りに、その姿を伝えています。注連縄を巻き、神に仕える姿で、シコを踏みました。ドシンドシンと土を踏むので、地力が高まり、農作物の収穫が高くなるという。

 江戸時代、神社仏閣の再興や造営の費用を捻出するため、勧進相撲(かんじんずもう)が京都、大阪、江戸を中心に行われ、現在の大相撲へと発展し、神社での横綱奉納土俵入りの由来ともなっています。

 大相撲第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)が2017年1月27日、明治神宮(東京都渋谷区)で、約18000人の大観衆の前で、奉納土俵入りを行いました。そのとき、太刀持ちに小結高安露払いに幕内松鳳山を従え、せり上がりの時、左手(守り)を脇につけ、右手(攻め)を横に伸ばす、雲竜型披露しました。三つぞろいの化粧まわしは、第45代横綱初代若乃花が使用したものを借りました。

 なお、太刀持ちは、横綱と同門または同系統の幕内力士が勤め、露払いより上位の力士が受け持つのが習わしです。

〇 横綱稀勢の里 雲竜型、奉納土俵入り

2017127

第72代横綱稀勢の里、奉納土俵入り、雲竜型を披露、太刀持ち高安、明治神宮、(茨城新聞、2017.1.27)

 

横綱稀勢の里、奉納土俵入り、 明治神宮 、YouTube (ibarakishimbun1):
https://youtu.be/mLD6RECTiH4、2017/01/27 公開

(解説)

 太刀持ちは、横綱力士が土俵入りする時、太刀を持って後に従う力士のことです。これは、江戸時代、幕内力士は大名に召し抱えられ、帯刀を許される士分格であったため、殿様から拝領の太刀を持たせて土俵入りをした習慣が今に伝えられています。 

 露払いは、横綱の土俵入りの時、先導として土俵に上がる力士のことです。これは、古来、宮中の蹴鞠(けまり)の会で、まずは鞠を蹴って周囲の木の露を払うこと、また、その役目の人のことを言った。が、のち貴人の先に立って導く人の意味となり、さらに相撲の先導役をいうようになりました。

Photo

第10代横綱、雲龍久吉(1823~1890, 筑後、福岡、Google画像)

Photo_2

横綱土俵入り、第11代横綱、不知火光右衛門(1825~1879, 肥後、熊本)(中央左)の構えは現在の雲龍型である!? (中央右)は第13代横綱、鬼面山谷五郎(1826~1871、美濃、岐阜)の構えは不知火型!?(ウィキペディア、Google画像)

(解説)

 横綱土俵入りには、雲竜型不知火型の2つがあり、第10代横綱、雲龍久吉(1823~1890, 筑後、福岡)と第8代横綱、不知火諾右衛門(1801~1845, 肥後、熊本)が創案したと言われています。が、現在の不知火型の名は、この不知火ではなく、弟子である第11代横綱、不知火光右衛門(1825~1879, 肥後、熊本)から取っています。

 なお、不知火型は、せり上がりの時、両腕を左右に大きく開くのが特徴で、これは攻めを表しています。なおどういうわけか、通説によると、雲竜型と不知火型の名前が途中で入れ替わった、とされています。

 雲竜型では、、綱の後方の結ぶ目は、大きな輪を作り、その中央に両端をそろえ背筋に立てています。一方、不知火型では、綱の後方の結び目は、左右に二つの輪を作り、中央の輪を立てています。

 いずれの型でも、横綱は手をたたき合わせ、両腕を型に従って動かし、それぞれの脚を上げ、地面におろす動作を繰り返します。横綱が足を踏みおろすとき、観客は、よいっしょ! と叫びます。よいしょよいさとも)は、力を入れる時、重いものを引く時、物を受け渡しする時などの掛け声です。

(Link)

 〇  相撲にまつわる歴史伝承、相撲の起源(豊作祈願の信仰、しめ綱を巻いてシコを踏む、塩を撒く)、力士のシコ(四股、醜)名、相撲取(節会相撲、勧進大相撲、上覧相撲)、とは(2010.9.9): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/201099-31d4.html 

 〇 大相撲初場所(1月12日)、相撲の起源(豊作祈願の信仰、しめ綱を巻いてシコを踏む、塩を撒く)、江戸時代、第6代横綱の阿武松(おうのまつ、能登、石川県)は、長州藩(山口県)毛利家のお抱え力士、シコ名は萩(山口県)の名勝「阿武の松原」に由来、とは(2015.1.12): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-7feb.html 

 〇 大相撲初場所(1月10日)、両国国技館、相撲の始まり、横綱土俵入り、シコを踏む、塩を撒く、弓取り式、石川の大相撲力士、とは(2016.1.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-42c6.html

(追加説明)

 〇 相撲の歴史(日本相撲協会、ホームページ): http://www.sumo.or.jp/IrohaKnowledge/sumo_history

 〇 明治神宮奉納土俵入り

 新横綱が明治神宮(東京)で日本相撲協会理事長から推挙状を授与され、最初の土俵入りを奉納する儀式です。1951年(昭和26年)に昇進した第41代横綱千代の山のときから推挙式と土俵入りがともに明治神宮(渋谷区、東京都)で行われるようになりました。

 それ以前は、江戸時代、勧進相撲が取り行われ、京都二条家に奉公し、節会相撲の行事官として務め、その後、二条家の許しを受け、細川綱利に招聘され熊本藩に仕え、武家奉公をしていた、吉田司家(よしだつかさけ、熊本)が、後鳥羽天皇より相撲に関する全権を委ねられ、横綱免許を授与していたという。

2016年8月18日 (木)

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)、開会式、平和と環境の祭典! 近代オリンピックの始まり、東京オリンピックの開催、とは(2016.8.19)

 第31回夏季オリンピック競技大会は、 リオデジャネイロ(ブラジル)で、2016年(平成28年)年8月6日(土)に開会式を迎え、 17日間で28競技(205か国参加、306種目)を行い 、8月21日(日)に閉幕、時差は、ブラジルは日本より12時間遅れ、となっています。

〇 NHKリオ開会式

NHKリオ開会式、 YouTube: https://youtu.be/ZJwFtvDc-no

 1万人あまりの参加する大会が開幕。「平和」と「環境」を大きなテーマとしたショーのあと選手が入場し、聖火が点灯されました。2016.8.6

 〇 近代オリンピックの始まり 、東京オリンピックの開催

 ところで、近代オリンピックは、フランス人のクーベルタンが提唱し、1896年(明治29年)4月、アテネで第1回オリンピック大会が参加14か国、8競技種目で開催されました。

 クーベルタンは、有名な言葉、「オリンピックに勝つことより、参加することに意義がある」でも知られています。 が、実際は、1908年(明治41年)、第4回ロンドン大会でセントポール大寺院での日曜礼拝の時、険悪な対立ムードの英米の選手を前にして諭された主教の戒めの言葉、とのことです!

 第18回東京オリンピックについては、1940年(昭和15年)第12回東京大会は日中戦争の拡大にともない中止、1964年(昭和39年)10月東京で開催された第18回オリンピック大会は、94か国5586人が参加、中国、北朝鮮は不参加でしたが、東西ドイツは統一大選手団を派遣してきました。

 世界平和と国際親善をめざすスポーツの祭典として、東京オリンピックは、10月10日に始まりました。 が、国交のなかった不参加の中国は、10月16日、第1回原爆実験を強行し成功させ、17日、日本政府が中国に抗議の談話を発表しています! 

 私は、第18回東京オリンピックの最終聖火ランナーが、坂井義則さん(広島の原爆投下日生まれの陸上選手 )であったことから、第18回東京オリンピック大会が、世界の平和を願うスポーツの祭典である! と強く感じたのを覚えています。 

(Link)

 〇 オリンピック、古代オリンピック(主神ゼウスの祭典、競技会、オリンピア)、近代オリンピック(フランス人のクーベルタン提唱、オリンピック競技大会、日本の参加と開催)、とは(2012.7.8): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/201278-cae7.html

(追加資料)

〇 第31回夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会は8月21日(日本時間22日午前)、リオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式があり、17日間の熱戦に幕を下ろした。次回2020年大会は56年ぶりの東京、式典では五輪旗が東京都の小池百合子知事に手渡された。リオの感動が4年後の東京に引き継がれる。

 日本は国外開催で史上2番目となる338選手を派遣した。金メダル数で3大会ぶりに二桁となる13個を獲得。前回ロンドン五輪から5個増えた。銀も8個、銅も21個を得て、メダル総数は史上最多の41個となった。(2016年(平成28年)8月22日(月)、北陸中日新聞夕刊より)

〇 NHKリオ閉会式、2020へ期待高まる!トーキョーショー   (NHK、YouTube):https://www.youtube.com/watch?v=sk6uU8gb8PA

 

2016年8月15日 (月)

夏の甲子園大会歌 栄冠は君に輝く、雲はわき 光あふれて 天たかく 純白のたま きょうぞ飛ぶ  、とは(2016.8.15)

 今年も、夏の甲子園、第98回全国高校野球が開催され、若者に夢と希望を与える大会歌、栄冠は君に輝くが流れ、連日の猛暑の中、球児たちによる熱戦が繰り広げられています。

 1948年(昭和23年)、大会歌の歌詞が全国に公募され、5252通の中から、加賀大介さん(ペンネーム、本名 中村義雄、根上町、のち能美市、石川県)の作品、栄冠は君に輝く、が選ばれました.。

   このフレーズは、加賀さんがいつかスポーツの歌に使いたいと心に決めていた言葉です。青春の高校球児に対し、悔いのないようベストをつくしてプレーして欲しい、という熱い思いが込められている感じがしました。

 大会歌を作曲した古関裕而さんは、自叙伝の中で、無人のグランドのマウンドに立って
周囲を見回しながら、ここにくり広げられる熱戦を想像しているうちに、私の脳裏に、大会の歌のメロデイーが湧き、自然に形付けられてきた、と創作の想いを記してい
ます。 
 

〇 栄冠は君に輝く

全国高等学校野球の大会歌、 栄冠は君に輝く (torustage,YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=A3pd2U_6Fxk 

栄冠は君に輝く

雲はわき 光あふれて  

天たかく  純白のたま きょうぞ飛ぶ  

若人よ いざ まなじりは  歓呼にこたえ  

いさぎよし ほほえむ希望  

ああ栄冠は 君に輝く

 

風をうち 大地をけりて   

悔ゆるなき  白熱の  力ぞ技ぞ  

若人よ  いざ 一球に 一打にかけて  

青春の 賛歌をつづれ  

あゝ 栄冠は 君に輝く

 

空をきる たまのいのちに  

かようもの 美しく におえる健康  

若人よ いざ みどり濃き しゅろの葉かざす 

感激を まぶたにえがけ 

あゝ 栄冠は 君に輝く

(Link)

〇 夏の甲子園の大会歌、栄冠は君に輝く(雲はわき 光あふれて)の作詞者(加賀大介、根上町、石川)にまつわる歴史秘話(2010.7.25)、大会行進曲、とは: http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/2010725-42e0.html

〇 夏の甲子園の大会歌(8月6日)、栄冠は君に輝く(雲はわき 光あふれて)の作詞者、加賀さん(石川県)にまつわる秘話、とは、(2015.8.10): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/2010725-42e0.html

(追加資料)

 〇 第98回全国高校野球選手権大会は第14日の8月21日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝が行われ、作新学院(栃木)が北海(南北海道)を中盤に逆転して7-1で破り、深紅の大優勝旗を手にしました。

 作新学院の全国制覇は史上初の春夏連覇を達成した44大会(1962年)以来54年ぶり2度目。栃木勢としての優勝も同じく2度目となった。(2016年(平成28年)8月22日(月)、朝日新聞朝刊より)

〇 バーチャル高校野球(2016.8 朝日新聞社): http://www.asahi.com/koshien/

(追加資料)

 甲子園球場の土

 球場建設で最も神経を使ったのがグラウンドの土でした。阪神間はもともと白砂青松の地で、土も白っぽく、ボールが見にくい状態でした。そのため、黒土を合わせようということになり、試行錯誤の結果、淡路島の土をとりよせ、粘り具合を確認しました。当時の担当者はグラウンドを走ったり、すべりこんだりして土の硬さや色目を実験しました。

 この熱意は今も受け継がれ、黒土と白砂のブレンドは常に変遷を経ています。例えば、雨の多いは水はけを良くするため白砂を多くして、日差しが強くボールが見えにくくなるを迎えると黒土を多くするといったように、グラウンドキーパーの長年の経験と技術によって絶妙の色合いと質感が生まれます。

阪神甲子園球場: http://www.hanshin.co.jp/koshien/

 現在、主な黒土鹿児島県産。これは桜島の火山灰を含んだ真っ黒な土で、水はけが良く、何よりも白球が映えるのが特徴。また、鹿児島、三重、大分、鳥取産黒土中国福建省白砂をブレンドしている。

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

歴史散歩とサイエンス

無料ブログはココログ