« 白い蛇に似た雪紐、2階のベランダの手すりに現れた白い蛇!とは(2018.2.1) | トップページ | 豪雪、金沢の積雪87㎝(2月7日)、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が主因、石川県庁西近く、鞍月地域の雪景色、雪かき、雪紐、駐車場、とは(2018.2.11) »

2018年2月 5日 (月)

春の訪れ 節分前夜祭(2月2日)、石浦神社(本多町、金沢市)、冬の怠けを戒める奥能登の伝統行事、アマメハギ(国重要無形民俗文化財、能登町、石川)、とは(2018.2.5)

 立春(2月4日)は、冬と春の分岐点で、その前夜に行われる祭儀は、節分祭(2月3日)と言われています。この日の夜、古代中国から伝来した、悪鬼を追い払う追儺(ついな)が行われる。  

〇 節分前夜祭

 節分祭の前日、2018年2月2日、兼六園下の石浦神社の拝殿に、赤鬼と青鬼の男女、神職の福の神や年男らが登場し、一足早く、「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまき、集まった約300人が豆を拾い集め、一年の無病息災を願いました。

201823

節分前夜祭、鬼に向かって勢いよく豆をまく福の神や年男たち、石浦神社 、本多町、金沢市、石川県(Google画像、北陸中日新聞、2018.2.3) 

〇  アマメハギ

 節分の夜、地区の小中学生が中心となり、豆まきと一緒に行われる。薄暗くなったころ、鬼の面を着け、箕、前垂れをあて、手桶に包丁を持ち「アマメー」、「アマメを作っている者はいないか」などと小さな子どもをおどして家々を廻る。  

Photo

アマメハギ(国重要無形民俗文化財)、鬼に扮した子どもたちが家々を回り、冬の怠け癖を戒める奥能登の伝統行事、能登町、鳳珠郡石川県(Google画像、朝日新聞、2018.2.4) 

 アマメとは、いろりに当たってばかりいるとできるあざ状のマメのことで、「怠け者」の印の「アマメ」をはぎ取ることで怠惰を戒め、厄をはらって歩く民俗行事で、国重要無形民俗文化財となっている。  

(Link)
 〇 春の訪れ 節分祭(2月3日)、立春(2月4日)、石浦神社(本多町、金沢市)の節分前夜祭と豆まき、とは(2017.2.7): 
http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-03ff.html

 〇 アマメハギ(国重要無形民俗文化財、能登町、鳳至郡、石川県): http://www.town.noto.lg.jp/www/info/detail.jsp?common_id=2785

 〇 二十四節気、能登地方の農耕行事、ぞんべら祭り、あえのこと、 万歳楽土、もっそう祭り、アマメハギ、とは(2018.2.21):http://kanazawa-carfur.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/2143-f59f.html

 

« 白い蛇に似た雪紐、2階のベランダの手すりに現れた白い蛇!とは(2018.2.1) | トップページ | 豪雪、金沢の積雪87㎝(2月7日)、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が主因、石川県庁西近く、鞍月地域の雪景色、雪かき、雪紐、駐車場、とは(2018.2.11) »

● かなざわ(金沢城、兼六園、石浦神社、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白い蛇に似た雪紐、2階のベランダの手すりに現れた白い蛇!とは(2018.2.1) | トップページ | 豪雪、金沢の積雪87㎝(2月7日)、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が主因、石川県庁西近く、鞍月地域の雪景色、雪かき、雪紐、駐車場、とは(2018.2.11) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

歴史散歩とサイエンス

無料ブログはココログ