« からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20) | トップページ | スパコン超える量子コンピューター、初の国産機開発に成功し公開、国産計算機「量子コンピューター」と呼ばず  内閣府「国際定義定まっていない」、とは(2017.11.24) »

2017年11月22日 (水)

兼六園の秋のライトアップ、紅葉のモミジと唐崎松の雪吊りの幻想的な光景、とは(2017.11.22)

 兼六園では、11月17日(木)、秋のライトアップが始まり、多くの人々が訪れている。これは、秋の紅葉と冬の風物詩の雪吊りが重なる恒例の催しで、11月17日(金)~12月9日(土)、午後5時半~9時まで、一般の入園は無料となる。

 園内の霞ヶ池では、暗闇の中で光に照らし出された、秋の紅葉のモミジの木々や、冬の雪の重みから枝を守るため、縄が円すい状に張られた、唐崎松の雪吊りが、暗闇に浮かび、また、水面にも映り、何とも言えない幻想的な風景となっている。

1

 紅葉の中、ライトアップされた唐崎松(からさきのまつ)の雪吊り、兼六園(金沢市)、11月16日午後6時半(毎日新聞)

Photo_3

ライトアップされ、霞ヶ池に映った紅葉と徽軫(ことじ)灯籠、兼六園(金沢市)、11月17日午後6時13分(北陸中日新聞)

(Link)

〇 冬の風物詩、兼六園の雪吊り、霞ヶ池のふちの最も枝ぶりが見事な唐崎松、とは(2016.11.29):http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-865a.html

 

« からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20) | トップページ | スパコン超える量子コンピューター、初の国産機開発に成功し公開、国産計算機「量子コンピューター」と呼ばず  内閣府「国際定義定まっていない」、とは(2017.11.24) »

● かなざわ(金沢城、兼六園、石浦神社、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20) | トップページ | スパコン超える量子コンピューター、初の国産機開発に成功し公開、国産計算機「量子コンピューター」と呼ばず  内閣府「国際定義定まっていない」、とは(2017.11.24) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歴史散歩とサイエンス

無料ブログはココログ