« 国宝の筆跡、平安時代の能筆家、三筆(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)と三蹟(小野道風・藤原佐理・藤原行成)、とは(2017.11.14) | トップページ | からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20) »

2017年11月16日 (木)

野々村仁清(京焼色絵の祖)の色絵雉香炉(国宝)、色絵雌雉香炉(重要文化財)、石川県立美術館蔵、とは(2017.11.16)

 江戸時代、野々村仁清(京焼色絵の祖)によって作られた、色絵雉香炉(国宝)、また、色絵雌雉香炉(重要文化財)は、石川県立美術館(金沢)が所蔵、一般の人々が鑑賞できるよう、常設展示されています。

 
 雄の雉香炉(国宝)は、尾を水平に延ばし鋭く前方を見る姿が、色彩豊かに表現されています。一方、雌の雉香炉(重要文化財)は、尾を斜めに上げ、毛繕いしている姿が、地味な色合いで表現されています。
 
 金沢城址の金沢大学に勤務中、1969年(昭和44年)頃、近くの金沢伝統工芸館の展示場で、この香炉を初めて目にし、これが国宝なるものか!と感嘆しながら眺めたことを、今でも懐かしく思い浮かべます。

31_3_3
2_2_4

色絵飾香炉、野々村仁清作、左 色絵雌雉香炉(重要文化財)、右 色絵雉香炉(国宝)、石川県立美術館蔵

(Link)

 〇 石川県立美術館(ホームページ):http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/

 〇 野々村仁清(京焼色絵の祖)と国宝の色絵雉香炉(石川県立美術館蔵)、とは(2009.12.18): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/20091218-f284.html
 

« 国宝の筆跡、平安時代の能筆家、三筆(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)と三蹟(小野道風・藤原佐理・藤原行成)、とは(2017.11.14) | トップページ | からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20) »

● 人物(野々村仁清、加賀の千代女、中谷宇吉郎)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国宝の筆跡、平安時代の能筆家、三筆(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)と三蹟(小野道風・藤原佐理・藤原行成)、とは(2017.11.14) | トップページ | からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歴史散歩とサイエンス

無料ブログはココログ