« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の6件の記事

2017年10月30日 (月)

正岡子規、囲碁殿堂入り(日本棋院、2017.10.24)、とは(2017.10. 30)

 日本棋院は、2017年(平成29年)10月24日、第14回囲碁殿堂表彰委員会で、明治の俳人・正岡子規(1867~1902)が、囲碁の発展普及に尽くした功労者として選び、囲碁殿堂入りを決めました。

Photo_3

正岡子規(1867~1902)

〇 囲碁殿堂入り決定者の経歴と選考理由

正岡子規(まさおか しき)
1867(慶応3)年-1902(明治35)年 伊予国(愛媛県)出身
歌人、俳人。評論、随筆など活躍は多方面に渡り、近代俳句と短歌を確立したことで知られる。子規といえば野球との関連が知られているが、囲碁にも造詣が深く、多くの漢詩、俳句、随筆等に囲碁に関係する作品を残している。その内容が評価されたことに加え、今年生誕150年を迎えて注目されている事もあり、表彰委員の票を集めた。
代表句 碁に負けて忍ぶ恋路や春の雨
          真中に碁盤据ゑたる毛布かな
      淋しげに柿食ふは碁を知らざらん

 野球好きで知られる子規は、2002年(平成14年)に野球殿堂入りしたが、碁好きでもあり、碁にまつわる句を30あまり残している。

  •  下手の碁の四隅かためる日永哉   
  •  碁にまけて厠に行けば月夜かな
  •  短夜は碁盤の足に白みけり
  •  寂しげに柿食うは碁を知らざらん
  •  碁の音や芙蓉の花に灯のうつり
  •  勝ちそうになりて栗剥く暇かな
  •  月さすや碁を打つ人の後ろまで
  •  焼栗のはねかけて行く先手かな
  •  蓮の実の飛ばずに死にし石もあり
  •  昼人なし碁盤に桐の影動く
  •  碁に負けて偲ぶ恋路や春の雨
  •  真中に碁盤据えたる毛布かな

(解説) 子規がどれくらい碁が好きだったかといえば、結核性カリエスという病気と闘いながら句作にとりくむ傍ら、敷きっぱなしの寝床の中に碁盤を持ち込んで、門人と打ったり、詰碁をひとりで解いたりしていたそうです。

 そして、どれもが結核による喀血を繰り返し、やがてはそれが結核性の脊髄カリエスという死の病に冒されてからの作品と思われます。病床に碁盤を持ち込んで石をいじっていたといわれています。

 子規の後援者だった新聞「日本」社長、陸 羯南(くが かつなん、1857~1907、国民主義の政治評論家)は碁敵でもあった。

 囲碁観戦記者で囲碁にまつわる文芸作品にも詳しい秋山賢治さん(71)によると、陸は並みのアマチュアから最大限のハンディをもらっても大負けするレベルだった。「ライバルの子規も推して知るべしでしょうが、これほど碁にまつわる句を残した文人はいない」。

 囲碁殿堂は、日本棋院が2004年に創設。殿堂入りすると、東京・市ヶ谷の同棋院東京本院の施設にレリーフと業績が掲げられる。(朝日新聞:2017.10.26; せとうちタイムズ:2010.12.18)

(Link)

〇 正岡子規-殿堂入りリスト(公益財団法人、野球殿堂博物館、2002): http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/detail/detail_144.html

〇 碁打ち探訪今昔四方山話【14】無類の囲碁好きだった「坂の上の雲」の正岡子規(せとうちタイムズ、庚午一生、2010.12.18): http://0845.boo.jp/times/archives/1488、 

〇 正岡子規が囲碁殿堂入り(第14回囲碁殿堂表彰)(公益財団法人、日本棋院、2017.10.24): http://www.nihonkiin.or.jp/news/release/14.html

〇 道後温泉(伊予、愛媛)と坊ちゃん(松山)にまつわる歴史秘話、神之湯、漱石、子規との交遊、松山城、私の囲碁はじめ、とは(2009.10.22): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/36.html

 

2017年10月27日 (金)

初冠雪(2017)、日本三名山、富士山(10.23)、立山(10.17)、白山(10.26)、とは〈2017.10.27 )

 古来、富士山(3778m、静岡)、立山(3015m、富山)、白山(2702m、石川、福井、岐阜)は、伝統的な山岳信仰の山で、日本三名山、あるいは日本三霊山と呼ばれています。

 初冠雪とは、山麓の地方気象台から、観測対象の山頂付近が初めて積雪などで白く見えることを言います。 今年〈2017年〉は、富士山(10月23日)、立山(10月17日)、白山(10月26日)でした。

 なお、山頂付近で初雪が降っても多くの場合は、山が雲に覆われて冠雪を確認できません。このため、山の初冠雪の日と山頂付近の初雪の日は、必ずしも同じ日でないようです。

〇 富士山 初冠雪(10月23日)

120171023

富士山 初冠雪 甲府地方気象台、山梨県甲府市飯田、2017.10.23

20171023

富士山が雪化粧、午後12時31分、富士吉田市役所、産業観光部、富士山課提供、2017.10.23

 初冠雪は、甲府地方気象台では、富士山・甲斐駒ヶ岳の山の一部が、雪等の固形降水により白くなった状態が初めて見えた時で、今年、2017年は10月23日でした。平年より23日遅く、昨年より3日早かった。

〇 立山 初冠雪(10月17日)

20171017

うっすらと雪をかぶった立山連峰、富山県立山町、ホテル立山提供、2017.10.17

 初冠雪は、富山地方気象台では、職員が立山の山頂付近の積雪を目視で観測し、確認できた時点で宣言される。富山地方気象台は、2017年10月17日、北アルプス・立山連峰で初冠雪を観測したと発表した。平年より9日遅く、昨年より16日早かった。

〇 白山 初冠雪(10月26日)

120171026

うっすらと雪化粧した白山、午前11時50分、石川県川北町中島から、北国新聞、2016.10.26

白山 平年より9日遅い初冠雪 山頂部分が雪化粧、HAB 北陸朝日放送、2017.10.26

YouTube(北陸朝日放送): https://youtu.be/EEGixM0HZ_g

220171026

初冠雪が観測された白山、午後1時33分、石川県白山市で、本社ヘリ「あさづる」から、中日新聞、2017.10.26

 初冠雪は、金沢地方気象台では、職員が白山の山頂付近の積雪を目視で観測し、確認できた時点で宣言される。 金沢地方気象台は,、2017年10月26日、白山で初冠雪を観測したと発表しました。平年より9日遅く、昨年より7日早かった。

 白山から約50キロ離れた同気象台で午前10時すぎ、山頂に雪が積もっていることを複数の職員が目視で確認した。山頂周辺は24日から積雪があったが、天候が悪く、平野部からは見えていなかった。26 日の石川県内は高気圧に覆われ、晴れ間が広がった。

(Link)

〇  白山で初冠雪(11月2日)、山頂がうっすら雪化粧、とは(2016.11.4): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-6d84.html

(追加説明)

〇 白山市に霊峰の写真パネル 白山写真家・木村さん寄贈

 白山の美しい風景写真で知られる白山瀬戸の写真家木村芳文さん(54)が、白山や山麓の景色を鮮やかに表現した写真パネル46枚を白山市に贈った。2017年12月1日に市役所で、山田憲照市長に目録を手渡した。雪化粧した雄大な白山、最高峰の御前峰の御来光、白山麓から見上げた満天の星などの風景を切り取っている。

 木村さんは30年近く白山を撮り続けている。山田市長から感謝状を受け取り、「白山の魅力を伝える役に建てれば」と話した。(北陸中日新聞、2017.12.2)

(Link)    木村芳文: http://2702.jp/

(追加資料)

〇 富士山が初冠雪  2018.9.26

2018926

富士山の初冠雪。頂上部にうっすらと雪が見える、共同通信社ヘリより、甲府地方気象台、2018.9.26

(解説) 富士山が9月26日、初冠雪した。甲府地方気象台が発表した。初冠雪は平年より4日、昨年より27日早い。 気象台からは一時雲が途切れた26日午後2時前に観測した。

 寒冷前線が本州を通過し気温が下がり、山梨県側で夜半から未明にかけて降った雨が山頂では雪になったと見られる。(北陸中日新聞、2018.9.27)

2017年10月25日 (水)

波の花、輪島・曽々木海岸、岩場にふわり、とは(2017.10. 25 )

 日本海の冬の風物詩、「波の花」が、一昨日(10月23日)、国指定名勝「窓岩」を望む曽々木海岸(石川県輪島市町野町)に今秋、初めて発生しました。 

 金沢地方気象台によると、大型の台風21号の影響で、輪島市内では午前2時11分、最大瞬間風速38.4mを記録し、台風通過の影響で寒気が流れ込み、能登の外海は荒れていました。

201710231

海岸に打ち上げれた「波の花」、「窓岩」望む曽々木海岸、石川県輪島市町野町、2017.10.23

(解説) 「波の花」は、海中の植物性プランクトンの粘液が荒波にもまれ、白い泡状になる現象。晩秋から冬にかけて、海が荒れて風が強い日に発生する。岩に打ち付けられた波の花が風に乗り、宙を舞う光景を見ることができる。(北陸中日新聞、2017.10.24)

能登半島・海岸に舞う「波の花」、輪島市の「窓岩」望む曽々木海岸から珠洲市真浦海岸にかけての海岸線、2016.12.6、 YouTube(能登半島アーカイブス):https://youtu.be/0pTzZGq8NEg

(解説) 能登半島の「外浦」、輪島市から珠洲市にかけての海岸線で、条件が揃うと「波の花」が発生する。ふるふると風に揺れたり、空を舞ったり、独特の風情があります!!が、服や車につくとシミに。また、プランクトンの分泌物なので、「垂水の滝」は強い季節風で完全に舞い上がり、流れ落ちません!

(Link)

 〇 日本海の冬の風物詩・波の花、能登半島の岩場で見られる白い泡の波、主成分の植物性プランクトンの粘液と塩害、とは(2011.1.4):  http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/155.html

 

2017年10月23日 (月)

アルファ碁ゼロ、アルファ碁の進化最新囲碁ソフト、新設計思想のもと独学で世界最強に! とは(2017.10.23)

 人工知能(AI)開発の米グーグル傘下の英国ベンチャー企業、ディープマインド社は、囲碁の世界トップ棋士を下して一躍有名となった、「アルファ碁」の改良版をさらに進化させた、AIアルファ碁ゼロ」を開発、2017年(平成29年)10月19日付の英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表された。

 「アルファ碁ゼロ」と名付けられた新バージョンは、囲碁のルールだけを教えられた後は棋士の対局データなしに、「自己対局」のみで学習を重ね、独学で「勝つ手」を急速に習得し、対局たびに実力を向上して行った。

1

棋譜学ばず「独学3日」、最強の囲碁AI誕生、YouTube(Kids Toys): https://youtu.be/uDqkyaQGbzA

(解説) 囲碁AI、「アルファ碁」では、これまで、人間の棋士による過去の膨大な棋譜を、コンピューターが人間の神経細胞を模した多層構造のネットワークを使って自動的に学習する、「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術が使われた。また、コンピュター自身が「試行錯誤」を繰り返しながら独学する「強化学習」の手法も取り入れられていた。

 2016年(平成28年)には、世界トップクラスの棋士、韓国の李セドル九段4勝1敗で下し、注目を集めた。さらにアルファ碁の改良版は、今年5月、世界最強と称される中国人棋士、柯潔九段3戦全勝で退けた。

 「アルファ碁ゼロ」は今回、囲碁の基本的なルールだけを教えられた後は、一手0.4秒という速さで3日間に約490万回の自己対局を繰り返した。最初はランダムに石を置いていたが、自己対局を速い速度で繰り返しながら自ら「勝てる手」を学んで、従来の「アルファ碁」に100戦全勝の成績を挙げた。

 その40日後には、自己対局数は2900万局に達し、今年初めまでに日本の井山裕太・現七冠を含むトップ棋士らに60戦全勝した最新鋭のAI「アルファ碁マスター」にも勝利した。アルファ碁マスターとの勝負は100戦89勝11敗を記録した。

 「アルファ碁」は、「定石」をデータから学んだが、「アルファ碁ゼロ」は、指し手や盤面での対局相手との優劣から「定石」を独学で学んだ。深層学習用のプロセッサ「TPU」は「アルファ碁」には48個使用されていたのに対し、「アルファ碁ゼロ」は4個で、コンピューターの省力化にもなっている。

 「アルファ碁ゼロ」は、新しい設計思想の下、膨大なデータなしに「強化学習」だけで優れた結果を出せるようになった。また、人間の棋譜は学ばず、AIどうしが対局を繰り返して上達し、独自の「定石」も見つけたという。

 ディープマインド社の研究開発担当者らは、AIの「アルファ碁ゼロ」は、人工知能(AI)の新しい設計思想により誕生した。人間の知識や経験にとらわれず能力を高める人工知能は今後、囲碁以外の幅広い広い分野での応用の挑戦につながる、としている。

 ディープマインド社(英国)の研究開発担当者、ハサビス氏は、「AIは人間の知力を前進させ、全人類に前向きな影響をもたらす可能性がある」と語る。
 人間の知識や経験にとらわれず能力を高める人工知能(AI)の応用として、英国では、難病の早期発見、新薬開発にも活用するほか、電力の需給調整など、省エネ環境の実現にも取り組む。
 将来は、新素材の開発や、生物を形づくるたんぱく質ができる仕組みなど、人間の力では解けない難問の解明にも、また宇宙や海洋など測定データの不足した分野にも、AIが貢献すると期待している。

(Link)

〇 囲碁AIと最強棋士、三番勝負(5月23日~27日)、アルファ碁(囲碁AI)が柯潔九段(最強棋士、中国)に全勝、とは(2017.5.30): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/aivs52327vs-6ab.html

〇 AI 人工知能の歴史

Photo

考える主役、あくまで人

 AIとビッグデータをどう生かし、何をさせるか。それは人や社会が与えていくことであり、自分たちで主体的に決めていかねばならない。「なぜ」「どんな社会を」。考える主役はあくまで、人である。(朝日新聞: 2017.10.26)

〇 人工知能(AI)による囲碁の世界戦「AI竜星戦2017

 人工知能(AI)による囲碁の世界戦「AI竜星戦2017」(主催・囲碁将棋チャンネル、朝日新聞社など後援)が12月9、10日、東京・秋葉原であり、中国最強AI「絶芸」が日本最強の「DeepZenGo}を下し優勝した。日中韓18チームが出場。10日の本戦は15チームがトーナメントで争った。絶芸は今夏、中国で会ったAI世界戦でZenに敗れ優勝を逃がしたが、今大会では雪辱を果たした。世界最強の英「アルファ碁ゼロ」は不参加だった。(朝日新聞、2017.12.12)  AI竜星戦2017(朝日新聞デジタル):http://www.asahi.com/articles/ASKDB76BKKDBUCVL00P.html

〇 2017回顧 将棋 打ち立てた記録、囲碁 止まらない進化(朝日新聞デジタル)https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171221002786.html

 

 

2017年10月 6日 (金)

葛飾北斎、江戸後期の浮世絵師、大波のほか、晩年の情念の絵、くだんうしろがふち、岸田劉生、道路と土手と堀、とは(2017.10.6)

 ロンドン・大英博物館と大阪・あべのハルカス美術館が国際共同プロジェクトとして企画した展覧会「北斎-富士を超えて-」が、今日、10月6日、あべのハルカス美術館で始まりました。

〇 北斎-富士を超えて-

 20017年10月6日(土)~11月19日(日)

 あべのハルカス美術館(大阪市)

〇 葛飾北斎

Photo_5

葛飾北斎(1760~1849)、自画像、1839年(天保10年)頃

 江戸後期の浮世絵師であり、肉筆画と呼ばれる手描きの絵の名手としても知られる葛飾北斎(かつしかほくさい、1760~1849)。70年に及ぶ画業から、「還暦」「肉筆画」「娘」の三つのキーワードを手がかりに、晩年の30年間の肉筆画や版画など約200点を紹介する。

〇 富嶽三十六景、神奈川沖浪裏

361

富嶽三十六景、神奈川沖浪裏、1830年(天保元年)~1833年(天保4年)、大英博物館蔵

 世界的に知られる北斎の代表作。妻の死や自身の病気、家族の問題に悩んだが、富士山の浮世絵の連作で、数え70歳を過ぎて画家として再起するきっかけをつかんだ。

〇 上町祭屋台天井絵、濤図

Photo

上町祭屋台天井絵「濤図」、1845年(弘化2年)、長野県小布施町上町自治会蔵

 小布施の豪商の招きで、応為(三女)とともに訪れた。一対の波の絵のうちの一つで、信仰心が深かった北斎の宇宙観を表現したともされる。

〇 李白観瀑図

Photo_9

李白観瀑図、1849年(嘉永2年)、米国・ボストン美術館蔵

 中国・唐の詩人の李白は、内乱を避けて隠棲し、雄大な滝を「銀河が天から落ちてくるようだ」と詠んだ。李白を圧倒するかのような滝が、微妙な色彩の変化で描かれている。

(Link)

〇 朝日新聞、2017年(平成29年)10月4日(水):
http://www.asahi.com/articles/DA3S13164630.html

〇 みどころ、北斎-富士を超えて-;
http://hokusai2017.com/highlight.html

〇 芸術と数学(絵画や庭園の美にひそむ数理、黄金比)、富嶽三十六景の富士山と波、竜安寺の方丈庭園と石、とは(2013.9.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-a1ed.html

〇 北斎展 後期展示、2017.11.1~11.19、大阪・あべのハルカス美術館

 出品作品の一部を入れ替える。注目は、葛飾応為(おうい)と名乗った北斎の娘・お栄(えい)の肉筆画である。

_20171101
応為と北斎が共同で描いた可能性が指摘される2幅の「菊図」

(解説) 葛飾応為は、光と影の表現に特徴があり、「日本のレンブラント」とも評される。江戸末期から明治初期を生きた応為は、晩年の北斎と暮らし、絵師としても父を支えた。生涯は不詳ながら、小説や映画などに描かれ人気が高まりつつある。(朝日新聞:2017.10.31)

〇 葛飾北斎 「くだんうしがふち」 

Photo

葛飾北斎「くだんうしがふち」 江戸時代 19世紀 東京国立博物館蔵

(解説〉 この絵画の作風は、重要文化財 岸田劉生 「道路と土手と堀(切通之写生)」 の作品に継承されているという。

Photo_4

重要文化財 岸田劉生「道路と土手と堀(切通之写生)」 1915年(大正4年)


 

2017年10月 4日 (水)

動物愛護週間、動物園、珍しい鳥と動物の仲間、いしかわ動物園(石川県能美市)、とは(2017.10.4)

 動物愛護週間は、1915年(大正4年)、アメリカ動物愛護協会制定が世界最初。日本では1917年(昭和2年)から始まり、1954(昭和29)年から、秋分の日を中心(9月20日~9月26日)に行われている。その趣旨は、動物愛護法第4条、「ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるようにする」と定められている。

 

 動物園は、動物に関する知識の普及や娯楽のために、多数の動物を収集飼育して観覧に供する施設である。高等動物、特に鳥獣の飼育が多い。1752年(宝暦2年)開設のウイーンのシェーンブルン動物園が世界最初。日本では1882年(明治15年)開設の上野動物園が最も古い。

 

  最近、久しぶりに、いしかわ動物園を訪ね、好奇心旺盛に、珍しい鳥と動物の仲間を見て回り、何時ともなく心も体も癒され、楽しい一時を過ごすことができました。

 

〇 コウノトリ

 

P9231680_2

コウノトリ(コウノトリ科) 生息地 日本、中国、ロシアなど東アジア 

 

〇 マナヅル

 

P9231672_2

マナヅル(ツル科) 生息地 日本では冬鳥として鹿児島県など九州南部 

 

〇 オオタカ

 

P9231600_2

オオタカ(タカ科) 生息地 日本の平地から山地にかけての森林

 

〇  オグロプレーリードッグ

 

P9231574_2

 

P9231573

オグロプレーリードッグ(リス科) 生息地 アメリカ合衆国のプレーリー(大草原) 

 

〇 ミーアキャット

 

P9231568_2

 

P9231567

P9231565

ミーアキャット(マングース科) 生息地 アンゴラ、ナミビヤ、南アフリカ、ボツワナ南部の砂漠の草原

 

〇 カピバラ

 

P9231563_2

 

P9231562

カピバラ(テンジクネズミ科) 生息地 南アメリカのパナマからアルゼンチン北東部にかけてのアンデス山脈東側の川のほとりの開けた草原、熱帯多雨林

 

〇 フタユビナマケモノ

 

P9231522

P9231520_2

フタユビナマケモノ(フタユビナマケモノ科) 生息地 コロンビア、ベネズエラ北部、スリナム北部、ブラジル北部、ペルー北部の熱帯雨林 

 

〇 エミュー

 

P9231505_2

エミュー(ヒクイドリ科) 生息地 オーストラリア砂漠以外の大部分の乾燥地帯 、低木林

 

〇 オオカンガルー

 

P9231506_3

 

オオカンガルー(カンガルー科) 生息地 タスマニア島を含むオーストラリア東部

 

〇 グリーンイグアナ

 

P9231528

グリーンイグアナ(イグアナ科) 生息地 中央アメリカから南アメリカの水辺近くの熱帯多雨林の半樹上

 

〇 コビトカイマン

 

P9231524_2

〇 コビトカイマン(アリゲータ科) 生息地 南米の北部から中部

 

〇 マゼランペンギン

 

P9231536

P9231535

P9231534

マゼランペンギン(ペンギン科) 生息地 南米チリ、アルゼンチン付近の海

 

(Link)

 

〇 いしかわ動物園(ホームページ、石川県能美市): http://www.ishikawazoo.jp/

 いしかわ動物園が1999年(平成11年)10月、石川県能美市(旧辰口町)に移転し、開園した。前身の金沢ヘルスセンターは1958年(昭和33年)、県内唯一の動物園併設のレジャー施設として金沢・卯辰山でオープン。金沢サニーランドに名を変え、営業を続けたが、利用者減などで平成5年に閉園した。
 市民の署名運動のかいあってか、平成6年、県営のいしかわ動物園に生まれ変わって再出発した。移転は、施設が老朽化したため、能美の新施設建設費は約88億円だった。
 移転の5カ月前、ゾウやカバなど35種135頭をトラックに乗せて引っ越し。34キロの道のりは全て「青信号」で、パトカーが先導した。(石川あのとき、北陸中日新聞、2019.4.10)

〇 鶴は千年亀は万年! 珍しい鶴と亀、いしかわ動物園(石川県能美市)、とは2017.9.30): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/2017930-b44e.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

歴史散歩とサイエンス

無料ブログはココログ