« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月17日 (木)

河鍋暁斎、幕末・明治前期の日本画家、奇抜な動物画、風刺画、浮世絵、とは(2017.8.17)

 河鍋暁斎(かわなべきょうさい、1831~1889)は、幕末・明治前期の日本画家、本名周三郎、別号、狂斎。下総(茨城県)古河生れ。

Kawanabe_kyosai_photo1

河鍋暁斎(かわなべきょうさい、1831~1889)

  3歳でカエルを描いたと言われ、両親と江戸に出て、7歳のとき浮世絵師歌川国芳(1797~1861)に入門、のち狩野派前村洞和(?~1841)、狩野洞白(1771~1841)に学び、狩野派に浮世絵を加味した独創 的な画風を展開した。1858年(安政5年)独立。

 狂斎と号し、闊達な筆致による動物画浮世絵錦絵、狂画と呼ばれる風刺画、戯画などを描き、1870年(明治3年)投獄され、暁斎と改号。1881年(明治14年)第2回内国勧業博覧会で受賞、その写実力と奇想が評判となった。建築家コンドルも入門し暁英と名乗り、著書で紹介、欧米にも知られた。作品「地獄極楽図」「暁斎漫画」など。(永原慶二監修、日本史辞典(岩波)より)

〇 これぞ暁斎! ゴールドマンコレクション

2017年7月29日(土)~8月27日(日)
石川県立美術館
 江戸幕末から明治を生きた日本絵師、河鍋暁斎(かわなべきょうさい1831~1889)。 圧倒的な描写と独特のユーモアを交えた暁斎の創作の全体像を、世界屈指の暁斎コレクション、イスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品で回顧する。
〇 猿、枇杷猿、瀧白猿
20161227kawanabekyosai041
                 猿「枇杷猿」「瀧白猿」 1888年(明治21年) 絹本着彩
 滝を背に際立つ白猿、樹上の猿が、墨の濃淡だけで生き生きとした表情で描かれている。伝統的な技法を用いながらも、表情や動きに漫画のような要素が感じられる。
〇 動物の曲芸
20161227kawanabekyosai051
             動物の曲芸 1871年(明治4年)~1889年(明治22年) 紙本着彩
 動物や妖怪など架空の存在を通し、幕末から明治にかけて動乱の時代を生きる人間や人間社会を描いている。批判精神はありつつも、愛情や親近感、おかしみが感じられる。
〇 地獄太夫と一休
20161227kawanabekyosai101
          地獄太夫と一休、 1871年(明治4年)~1889年(明治22年) 絹本着彩、金泥
 
 伝説の遊女、地獄太夫と骸骨と舞う一休宗純

というこの画題は、直接的には浮世絵などの江戸大衆文化に由来している。太夫の衣服には地獄の風景も描かれていて面白い。歌舞伎の「一休地獄噺」をもとにした絵巻である。
(Link)
 〇 中日新聞、2017年(平成29年)8月17日(木): 

 

 
 

2017年8月 5日 (土)

金沢港の今、物流とクルーズの拠点港へ変わる! とは(2017.8.5) 

 金沢港は、50年ほど前、豪雪による金沢市の孤立を防ぐため建設された、当時としては珍しい掘り込み式港湾である。工業用地の活用には利点があるが、弱点は水深にあった。その当初は石油製品や木材の輸入が大きな目的でした。

 その後、金沢港では、コンテナ貨物の取扱量とクルーズ船の寄港数が共に大きく増加している。昨今、物流と観光の両面で果たす役割が高まり、2020年の金沢港開港50周年に向けて、港の再整備が計画されている。

P8040930
P8040934

000000000000   

P8040942_2
P8040957_2
                                    金沢港、戸水埠(ふ)頭

P8040963_3
P8040967_2

P8040960
金沢港、石油岸壁(車や家庭で使うガソリン、軽油、プロパンガスなどが船で運ばれてきて、ガソリンスタンドに運ばれる。) 

P8040944

P8040947
P8040949
                かがやき、PC104、海上保安庁、 金沢港、戸水埠(ふ)頭

Photo_2
_20170805_3
クルーズでめぐる日本海の海(福岡-舞鶴ー金沢ー境港ー釜山) 、コスタ・ネオロマンチカ、コスタ・クルーズ(伊国)、総トン数56769トン、全長221m、乗客定員数1572名、着岸埠(ふ)頭は戸水

2
                         金沢港、物流とクルーズの拠点港へ

 (Link)

 〇 豪華な大型クルーズ船入港(7月31日)、日本生まれの大型客船、ダイヤモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS)が金沢港大浜ふ頭に寄港、金沢市内をバス観光ツァー、とは(2015.8.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/diamond-princ-1.html

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)