« 初夏の路傍の草花、年年歳歳花相似たり!可憐な帰化植物、キキョウソウ、ニワゼキショウ、ヒメジヨオン、ブタナ、マツバギク、カラー、とは(2017.6.14) | トップページ | 白山開山1300年(2017年7月1日)、白山夏山開き、奈良時代、泰澄大師が初登拝、白山登山の思い出、とは(2017.7.6) »

2017年6月21日 (水)

白山高山植物園再訪(6月18日)、白山連峰を遠望しながらお花畑を散策、とは(2017.6.21)

 白山高山植物園の一般公開が、2017.6.4~7.17(午前9時~午後3時、火、木、休)始まりました。ここは、西山(標高約800m)山頂下にあり、白山(2702m)の高山植物(約100種類、10万株)のお花畑が整備されている。

  ここでは、標高の関係から、白山より1ヶ月早く開花するが、今年は例年より一週間以上遅れていました。が、ニッコウキスゲ(約3万株)、白山の名を冠した植物(20種類以上)ハクサンフウロウ、ハクサンタイゲキのほか、多様で可憐な花々が咲いていました。

 そこで、先日、6月18日(日)は、父の日、曇天の下、一年ぶり息子が運転(全走行125.3㎞)、家族で訪れました。そして、白山連峰を遠望しがら、可憐な花々に彩られた散策路を楽しみ、途中の光景をデジカメに収めました。

白山高山植物

〇 高山植物 

P6180792

P6180773

高山植物、ニッコウキスゲの群落、2017.6.18

〇 ニッコウキスゲP6180637

ニッコウキスゲ (ユリ科)

〇 ハクサンフウロウP6180645
ハクサンフウロウ(フウロソウ科)

〇 ハナチダケサシP6180801
ハナチダケサシ(ユキノシタ科)

〇 ハクサンタイゲキP6180650
ハクサンタイゲキ (ドウダイグサ科)

〇 アカモノP6180672
アカモノ (ツツジ科)

〇 カラマツソウP6180807
カラマツソウ (キンポウゲ科)

〇 クルマユリP6180820
クルマユリ (ユリ科)

〇 ミヤマクワガタP6180702
ミヤマクワガタ (ゴマノハグサ科)

〇 ヤマホタルブクロP6180737
ヤマホタルブクロ (キキョウ科)

〇 ニガナP6180641

ニガナ(キク科) 

〇 ミヤマアキノキリンソウP6180707
ミヤマアキノキリンソウ (キク科)

〇 イブキトラノオP6180814
イブキトラノオ (タデ科)

〇 ムカゴトラノオP6180810

ムカゴトラノオ (タデ科)

〇 エリモヒカゲノカズラP6180787
エリモヒカゲノカズラ (ヒカゲノカズラ科)

〇 ハイマツP6180744_2
ハイマツ(マウ科)

 霊峰白山を遠望

 白山高山植物園

P6180712

P6180833

P6180836

P6180835
P6180838
P6180842
P6180847
P6180856
白山高山植物園、白山市白峰、2017.6.18

(解説) 白山高山植物園は、1997年(平成9年)、清水建美(金沢大学名誉教授、植物学者)による、白山高山植物保全事業の調査着手に由来している。まず西山、山頂直下の露地移植を展開し、2008年(平成20年)、通称「西山試験地(ミニ白山)」のお花畑を初公開(2日間)、その後も造成と移植を繰り返し、遊歩道も整備し、現在に至っています。

 白山では、多雪と山頂部の平坦な地形が、雪田植生と呼ばれる群落を作り、ハクサンコザクラ、ミヤマキンバイ、クロユリなどの一面のお花畑となっているところが多い。

(Link)
 〇 白山高山植物(6月12日)、白山山頂、室堂近くのお花畑、クロユリ、白山高山植物園、ニッコウキスゲ、ハクサンフウロ、タカネナデシコ、ヤマホタルブクロ、ハクサンタイゲキ、ヤマツツジ、他14種、お食事処手取川、山菜岩魚定食、とは(6月16日):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-1158.html

(追加説明、話題)

〇 金沢30.4℃、初の真夏日

 石川県内は6月20日、高気圧に覆われて気温が上昇し、金沢では午後2時半すぎに今年一番の30.4℃を記録。初の真夏日で7月下旬並みの暑さとなった。

〇 白山高山植物園ブログ: http://www.hakusanmab.org/blog/

〇 クロユリの低地での開花

 白山高山植物研究会(白山市)は、白山の標高2000m以上で自生するミヤマクロユリを、同市白峰の白山高山植物園内の施設(標高約670m)で、5年がかりで開花させた。

201776
白山高山植物研究会が初めて開花に成功したクロユリ (白峰、白山市、石川県) 2017.7

 旧白峰村が高山植物を自生地以外で保護育成する取り組みを始めてから今年で20年目を迎えており、節目を飾る成功となった。園内にミヤマクロユリ群生地を作る夢に一歩前進したとして、会員間に喜びが広がっている。 (北国新聞ニュース(2017/06/05 01:37):http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20170605401.htm

 

« 初夏の路傍の草花、年年歳歳花相似たり!可憐な帰化植物、キキョウソウ、ニワゼキショウ、ヒメジヨオン、ブタナ、マツバギク、カラー、とは(2017.6.14) | トップページ | 白山開山1300年(2017年7月1日)、白山夏山開き、奈良時代、泰澄大師が初登拝、白山登山の思い出、とは(2017.7.6) »

● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2381918/70913037

この記事へのトラックバック一覧です: 白山高山植物園再訪(6月18日)、白山連峰を遠望しながらお花畑を散策、とは(2017.6.21):

« 初夏の路傍の草花、年年歳歳花相似たり!可憐な帰化植物、キキョウソウ、ニワゼキショウ、ヒメジヨオン、ブタナ、マツバギク、カラー、とは(2017.6.14) | トップページ | 白山開山1300年(2017年7月1日)、白山夏山開き、奈良時代、泰澄大師が初登拝、白山登山の思い出、とは(2017.7.6) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)