« 路傍の野草の花(2017.4.24)、個性的で綺麗な花姿、カラスノエンドウ、ジシバリ、セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、マツバウンラン、ツルニチニチソウ、スミレ、チガヤ、コバンソウ、シロツメグサ、スイバ、ハハコグサなど、青空に尾を引く飛行機雲、とは(2017.4.26) | トップページ | 晩春の花木(5月1日)、藤棚のフジと生垣のツツジ、新緑のケヤキ、シャクナゲ、キリシマツツジ、ドウダンツツジ、とは(2017.5.2) »

2017年4月28日 (金)

春の草花、個性的な花姿、県民の杜のシャガ、イカリソウ、カントウタンポポ、エビネ、とは(2017.4.28)

 先日(4月19~24日)金沢は、天候に恵まれ、気温も6~22℃と暖かくなったので、近くの県庁敷地内にある、県民の杜の遊歩道を、ぶら遊歩しました。

 その途中、個性的な花姿のシャガとイカリソウ、また、どういうわけか、総苞が反り返らないカントウタンポポが目に付き、しばらく眺めたのち、その光景をデジカメに収めました。

春の草花

〇 シャガ

P4196945

P4196947

P4196969
P4196968
シャガ(射干、アヤメ科) シャガの名は、命名者がヒオウギ(檜扇、アヤメ科)と勘違いして付けられた漢名。  

〇 イカリソウ

P4196899_2
P4196973
P4196897_2
P4196971_2
イカリソウ(碇草、メギ科)この花姿が船の碇(錨)に似ている、これが名の由来。

〇 カントウタンポポ 

P4227209
P4196916
P4196908

P4196918

P4227206

P4227205
カントウタンポポ(関東蒲公英、キク科)花の総苞の外側は下に反り返らない。日本産タンポポの代表的な1種。関東地方から中部地方の東部に分布。

 〇 県民の杜

P4136422
P4136423_2
P4197017
P4197058

県民の杜(西北側入口)、 背後は本庁舎  金沢市鞍月   2017.4.19

 (Link)

〇 山野草、春(4月24日、28日)、珍しく、変わった形の花が咲き、勘違いの名を持つ、シャガ(射干、アヤメ科、多年草、蝴蝶花とも)、また、サンシクヨウソウ(三枝九葉草)の奇名を持つ、イカリソウ(碇草)、とは(2015.4.29): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/2015429-86b3.

(追加画像)

〇 エビネ

P5017657

P5017655
P5017651
エビネ(海老根、ラン科)

« 路傍の野草の花(2017.4.24)、個性的で綺麗な花姿、カラスノエンドウ、ジシバリ、セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、マツバウンラン、ツルニチニチソウ、スミレ、チガヤ、コバンソウ、シロツメグサ、スイバ、ハハコグサなど、青空に尾を引く飛行機雲、とは(2017.4.26) | トップページ | 晩春の花木(5月1日)、藤棚のフジと生垣のツツジ、新緑のケヤキ、シャクナゲ、キリシマツツジ、ドウダンツツジ、とは(2017.5.2) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2381918/70395554

この記事へのトラックバック一覧です: 春の草花、個性的な花姿、県民の杜のシャガ、イカリソウ、カントウタンポポ、エビネ、とは(2017.4.28):

« 路傍の野草の花(2017.4.24)、個性的で綺麗な花姿、カラスノエンドウ、ジシバリ、セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、マツバウンラン、ツルニチニチソウ、スミレ、チガヤ、コバンソウ、シロツメグサ、スイバ、ハハコグサなど、青空に尾を引く飛行機雲、とは(2017.4.26) | トップページ | 晩春の花木(5月1日)、藤棚のフジと生垣のツツジ、新緑のケヤキ、シャクナゲ、キリシマツツジ、ドウダンツツジ、とは(2017.5.2) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)