« 囲碁、ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)、囲碁の日中韓トップ棋士とAI(人工知能)の4者総当たりリーグで覇を競う、とは(2017.4.4) | トップページ | 金沢のサクラ咲く(4月5日)、ソメイヨシノ(開花宣言、4月4日)、とは(2017.4.5) »

2017年4月 4日 (火)

囲碁、第5回電聖戦、一力遼七段vsコンピュータソフト、日本のDeepZenGo(ディープゼンゴ)、中国のFineArt(絶芸)、一力がAIに2連敗、とは(2017.4.4)

 囲碁の棋士と人工知能(AI)が対戦する第5回電聖戦は3月26日、東京都文京区で行われ、一力遼(いちりき・りょう)七段が、第一局で日本の[DeepZenGo]に、第2局で中国の「FineArt(絶芸、ぜつげい)」と対戦しました。

 一力七段は、竜星戦で優勝や天元戦で挑戦者になるなどの実績を持つトップクラスの棋士です。先陣のZenは、3月23日の大阪での国際棋戦で井山裕太碁聖との対局に続き、一力に完勝しました。

 そして、トリを飾る絶芸にとって負けられない一局となりました。というのは、 絶芸は3月19日、電気通信大(東京都調布市)で行われた、第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会で、Zenを下して優勝していました。

 絶芸は中国の世界的IT企業・テンセントが、囲碁のルールも知らない技術者約10人が1年の期間で開発し、日本最強AIのZenに中押勝ちし、前日の予選から数えて11戦全勝し、初出場で初優勝を果たしました。

 この大会は、日中韓仏、台湾の30ソフトが出場し、昨年はZenが優勝し、その特典として小林光一名誉名人に挑み勝利しましたが、手合はあらかじめZenが碁石を三つ置く三子局のハンディ戦でした。

 今回が最後の電聖戦に、絶芸とZenは、世界トップ棋士とハンディなしの互先で渡り合う実績を携え参戦しました。

〇 第5回電聖戦(一力七段とZen及び絶芸との対局、棋譜、結果): http://www.nihonkiin.or.jp/news/etc/vsai5.html

 読みの速さと深さは「日本随一」(小林覚九段)と評される一力は、AIの弱点とされる石がぶつかり合う接近戦に挑みました。序盤から仕掛け激戦となりましたが、絶芸は卓越した大局観を見せつけました。

_20170404_5_2

図1 黒: 絶芸 白: 一力

   黒中押し勝ち

 それが、図1、絶芸は右下、黒は△入り●の大石を捨てました。しかし包囲する中央の白の一団に二眼はなく、最終的に自身の地中に何手もかけて△入り●を取る「攻め取り」が避けられない。黒は1以下15まで、白の一団を追いながら大地を形成し、地合いで大差をつけ、快勝しました。

 現地の解説会は一時、「一力の勝ちか」と色めき立ったものの、絶芸が算出した勝率は初手の50%から下がることはなく、大石を捨てた後は75%台でした。

_20170404_8

 トッププロと並んだZen、そのZenを破った絶芸、その上に君臨するアルファ碁(マスターとも)、囲碁AIがさらに猛スピードで進化することは確実化されています。

 昨年3月、アルファ碁に衝撃的な敗戦を喫した韓国のイセドル九段は「囲碁界は歴史的なパラダイムシフトを迎えている」と言う。  

(参考文献)  朝日新聞:とまらないAIの猛威、Zen、最高峰棋士と互角以上、WGO、2017年(平成29年)3月31日(金)朝刊。

(Link)

 〇 囲碁、ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)、囲碁の日中韓トップ棋士とAI(人工知能)の4者総当たりリーグで覇を競う、とは(2017.4.4): http://kanazawa-kuratuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/wgcai201745-62f.html

 〇 囲碁、第4回電聖戦、小林光一名誉棋聖vsコンピュータソフト(3子局)は1勝1敗、日本のZen(ゼン)は勝ち、米のdarkforest(ダークフォレスト)は敗け、とは(2016.3.26):
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/vs11facebookdar.html

« 囲碁、ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)、囲碁の日中韓トップ棋士とAI(人工知能)の4者総当たりリーグで覇を競う、とは(2017.4.4) | トップページ | 金沢のサクラ咲く(4月5日)、ソメイヨシノ(開花宣言、4月4日)、とは(2017.4.5) »

● 囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2381918/70151976

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁、第5回電聖戦、一力遼七段vsコンピュータソフト、日本のDeepZenGo(ディープゼンゴ)、中国のFineArt(絶芸)、一力がAIに2連敗、とは(2017.4.4):

« 囲碁、ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)、囲碁の日中韓トップ棋士とAI(人工知能)の4者総当たりリーグで覇を競う、とは(2017.4.4) | トップページ | 金沢のサクラ咲く(4月5日)、ソメイヨシノ(開花宣言、4月4日)、とは(2017.4.5) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)