« 兼六園の雪吊り(11月28日)、高木、松のりんご吊り、幹吊り、低木、ツツジの竹又吊り、しぼり、とは(2016.11.30) | トップページ | 冬の季節(11月25、28日)、近くの県民の杜と産業振興ゾーン、市街地の冬支度の雪吊り風景、とは(2016.12.3) »

2016年12月 2日 (金)

兼六園ぶら散策〈11月28日)、曲水のカルガモ、根上松、明治記念之標、氷室跡、沈砂池、竜石、放生池のシラサギ、金城麗澤、金沢神社、とは(2016.12.2)

 兼六園は、江戸時代の代表的な林泉回遊式大名庭園です。もともと金沢城の外郭に属する庭で、犀川源水の辰巳用水を取り入れ、曲水をつくり、各種の石橋を架けました。 

 1822年(文政5年)ころ、中国の洛陽名園記に因み、宏大(こうだい)、幽邃(ゆうすい)、人力(じんりょく)、蒼古(そうこ)、水泉(すいせん)、眺望(ちょうぼう)の六勝を兼備するという意味で、兼六園と命名されました。 

 先日(11月28日)、久しぶりに、兼六園を訪れ、兼六園案内図を見ながら、ぶらぶら散策し、冬の風物詩、マツやツツジの雪吊りを鑑賞し、ふと目にした名所の光景をデジカメに収めました。

〇 桂坂口 案内所

Pb282588_2

Pb282745

〇 曲水 カルガモ

Pb282630_3

Pb282628_2

〇 根上松

Pb282660_5

Pb282663

Pb282661_2_2

〇 明治記念之標

Pb282657_2

Pb282656_2

Pb282655_2

〇 氷室跡

Pb282678_2

Pb282682

〇 沈砂池 曲水源水

Pb282687

Pb282690

〇 竜石

Pb282696

Pb282698

Pb282697

〇 放生池 シラサギ

Pb282733_2

Pb282719

Pb282721_2

〇 金城霊沢

Pb282748_2

Pb282751_2

Pb282750_2

〇 金沢神社  手水舎

Pb282738

Pb282739

Pb282737

Pb282761_2

(Link)

〇 日本三名園、サイエンス(科学)のふるさと、兼六園内の藩校と遺跡、兼六園の歴史、東京大学の赤門のルーツ、とは(2009.6.18): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/2009618-fac6.html

〇 兼六園の湧水(10月21日)、金城霊澤、金沢の名の由来,、日本各地の同名の金沢、とは(2015.11.3): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-5743.html

« 兼六園の雪吊り(11月28日)、高木、松のりんご吊り、幹吊り、低木、ツツジの竹又吊り、しぼり、とは(2016.11.30) | トップページ | 冬の季節(11月25、28日)、近くの県民の杜と産業振興ゾーン、市街地の冬支度の雪吊り風景、とは(2016.12.3) »

● かなざわ(金沢城、兼六園、石浦神社、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2381918/68674986

この記事へのトラックバック一覧です: 兼六園ぶら散策〈11月28日)、曲水のカルガモ、根上松、明治記念之標、氷室跡、沈砂池、竜石、放生池のシラサギ、金城麗澤、金沢神社、とは(2016.12.2):

« 兼六園の雪吊り(11月28日)、高木、松のりんご吊り、幹吊り、低木、ツツジの竹又吊り、しぼり、とは(2016.11.30) | トップページ | 冬の季節(11月25、28日)、近くの県民の杜と産業振興ゾーン、市街地の冬支度の雪吊り風景、とは(2016.12.3) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)