2017年5月27日 (土)

初夏、美人をたとえる花(5月26日)、立てばシャクヤク、座ればボタン、金沢西部の市街地の花壇、とは(2017.5.27)

 昨日(5月26日)金沢は、朝は晴天、気温16~24℃、昼から曇天となりました。そこで、いつものように、心身の健康にも繋がるかと、金沢西部の市街地を散策しました。  石川県庁、県民の杜から日本海、金沢港に至る、鞍月、戸水の市街地の花壇ですが、古来、立てばシャクヤク(草花)、座ればボタン(花木)と言われた、一見、見間違えそうな、美人をたとえる花々が目に付きました。  立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合...

» 続きを読む

2017年5月24日 (水)

堀の中の名画、山海頌図(さんかいしょうず、山の恩、海の恩)、棟方志功、金沢刑務所、とは(2017.5.24)

 金沢刑務所((金沢市田上町)の講堂には、版画家・棟方志功(1903~75、青森)が手がけた一対の油絵が、「塀の中の名画」として、受刑者の暮らしを静かに見守っています。   棟方は、終戦間際の1945(昭和20年)年4月、富山県南砺市(もと福光町)の光徳寺住職らの招きで福光に疎開、約6年8カ月を過ごしました。   東京へ戻る直前、知人の金沢刑務所職員が、当時は金沢市小立野にあっ...

» 続きを読む

2017年5月22日 (月)

初夏、紅白の草花、シラン、ツメクサ、赤色のグラジオラス、黄色のクリサンセマム・ムルチコーレ、青色のローズマリー、紅白の花木、ツツジ、ウツギ、バラ、赤色のトチノキ、白色のヤマボウシ、シャリンバイ、黄色のユリノキ、庭園の噴水と滝、とは(2017,5,22)

 金沢は5月15~17日、高気圧の影響で青空が広がり、気温13~22℃と、爽やかでした。そこで、いつものように、心身の健康にも繋がるかと、近場を散策しました。  先日〈5月18日)は、近場の水辺の花、田圃のシラサギの光景を紹介しました。そこで、今日(5月22日)は、遊歩道と街路沿いで目にした、紅白、黄、青などの草花と花木の花、庭園の噴水と滝などを紹介しました。    ふつう、黄や赤、青の花では、黄...

» 続きを読む

2017年5月18日 (木)

初夏、水辺の草花、カキツバタ、アヤメ、キショウブ、田圃のシラサギ、とは(2017.5.18)

   初夏の季節ですが、先日(5月15~17日)金沢は、高気圧の影響で青空が広がり、気温13~22℃と、爽やかでした。そこで、いつものように、心身の健康にも繋がるかと、近場を散策しました。  県民の杜の水辺には、カキツバタ、アヤメの紫色の花、少し北側の水田地帯の用水には、黄色のキショウブの花などが咲き始め、また、近くの田園の中で餌をとるシラサギが目にとまり、しばらく眺めたのち、その光景を...

» 続きを読む

2017年5月13日 (土)

花のミュージアム「フローリィ」(続)、能登海辺の癒しのガーデンハウス、とは(2017.5.13)

 能登半島の外浦、志賀町(羽咋郡、石川県)の海辺に、四季折々の多彩な花を楽しむことができる、花のミュージアム「フローリィ」があります。 花壇はガーデンハウス(屋内)とシーズンガーデン(屋外、アリスの庭)で構成されています。  花壇の敷地は合わせて630㎡もあり、一昨日〈5月10日)の屋外花壇の紹介に引き続き、今日(5月13日)は、屋内花壇、ガーデンハウス(緑のガーデン、水のガーデン、サンクンガーデ...

» 続きを読む

2017年5月10日 (水)

花のミュージアム「フローリィ」、南欧風が漂う、能登海辺の癒しのシーズンガーデン、とは(2017.5.10)

  能登半島の外浦、志賀町(羽咋郡、石川県)の海辺に、四季折々の多彩な花を楽しむことができる、花のミュージアム「フローリィ」があります。花壇はガーデンハウス(屋内)とシーズンガーデン(屋外、アリスの庭)で構成されており、敷地総面積は630㎡です。  先日(5月5日)こどもの日は、朝から晴れ、気持ち良い行楽日和となり、マイカーを息子が運転し家族で、花のミュージアム「フローリィ」を訪れました。全走行距...

» 続きを読む

2017年5月 2日 (火)

晩春の花木(5月1日)、藤棚のフジと生垣のツツジ、新緑のケヤキ、シャクナゲ、キリシマツツジ、ドウダンツツジ、とは(2017.5.2)

 昨日(5月1日)金沢は、朝方は雨で8℃と、少し寒かったのですが、次第に晴れてきて、昼頃になると、日中の気温も20℃と、暖かくなり、気持よい一日となりました。  そこで、昼食後、いつものように、県民の杜を散策し、5月の季節を告げる、おもいでの森の藤棚のフジ、また、鞍月セントラルパークの生垣のツツジ、芝生の野鳥、杜の庭園や近くの街路の新緑のケヤキ、それらの樹形など、しばらく眺めた後、その光景をデジカ...

» 続きを読む

2017年4月28日 (金)

春の草花、個性的な花姿、県民の杜のシャガ、イカリソウ、カントウタンポポ、エビネ、とは(2017.4.28)

 先日(4月19~24日)金沢は、天候に恵まれ、気温も6~22℃と暖かくなったので、近くの県庁敷地内にある、県民の杜の遊歩道を、ぶら遊歩しました。  その途中、個性的な花姿のシャガとイカリソウ、また、どういうわけか、総苞が反り返らないカントウタンポポが目に付き、しばらく眺めたのち、その光景をデジカメに収めました。 春の草花 〇 シャガ シャガ(射干、アヤメ科) シャガの名は、命名者がヒオウギ(檜扇...

» 続きを読む

2017年4月26日 (水)

路傍の野草の花(2017.4.24)、個性的で綺麗な花姿、カラスノエンドウ、ジシバリ、セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、マツバウンラン、ツルニチニチソウ、スミレ、チガヤ、コバンソウ、シロツメグサ、スイバ、ハハコグサなど、青空に尾を引く飛行機雲、とは(2017.4.26)

 春の訪れと共に、金沢市街の庭園や路傍には、先に紹介したツクシ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、オランダミミナグサの他、見た目は小さいが、よく見ると、個性的で綺麗な野草の花を、しばしば見かけるようになってきました。  そこで、市街地の散策で目にした、カラスノエンドウ、ジシバリ、セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、マツバウンラン、ツルニチニチソウ、スミレ、チガヤ、コバンソウ、シロツメグサなど、オンリ...

» 続きを読む

2017年4月21日 (金)

県民の杜の花見(4月19日)、遅咲きの八重桜(7種)、菊桜(4種)、里桜(1種)咲く、ヤマツツジ、ミツバツツジ、ハナカイドウ、とは(2017.4.21)

 桜の名称は、花びらが5枚を一重桜、約10~50枚を八重桜、約50~300枚と非常に多い花を菊桜と呼んでいます。八重咲きや菊咲きなど、多くの花びらは、オシベやメシベが変化したものと考えられています。   なお、枝垂れ桜では、枝の先端部で、オーキシン(枝を伸長成長させるホルモン!)は作用しているが、ジベレリン(枝を肥大成長させるホルモン!)が作用していないので、成長した枝が、重力に抗しきれ...

» 続きを読む

«樹木公園の花見(4月16日)、白山連峰のふもと、県林業試験場、サクラ180種、約900本、ツバキ140種、約850本の花咲く、カタクリ、とは(2017.4.18)

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)