2017年11月22日 (水)

兼六園の秋のライトアップ、紅葉のモミジと唐崎松の雪吊りの幻想的な光景、とは(2017.11.22)

 兼六園では、11月17日(木)、秋のライトアップが始まり、多くの人々が訪れている。これは、秋の紅葉と冬の風物詩の雪吊りが重なる恒例の催しで、11月17日(金)~12月9日(土)、午後5時半~9時まで、一般の入園は無料となる。  園内の霞ヶ池では、暗闇の中で光に照らし出された、秋の紅葉のモミジの木々や、冬の雪の重みから枝を守るため、縄が円すい状に張られた、唐崎松の雪吊りが、暗闇に浮かび、また、水面...

» 続きを読む

2017年11月20日 (月)

からくり人形からロボットへ、田中久重(からくり儀右衛門とも、東芝創業者)、東芝未来科学館(神奈川県)、とは(2017.11.20)

 平和な江戸時代には、武士も庶民も我々が考える以上に遊び、生活を楽しんでいたという。その中から、「からくり」は、人々の遊び心や好奇心を満たす「玩具」として生まれ、そこには、日本の職人特有の創意、工夫、美しさへのこだわりなどが見られる。  その技術は、茶運び人形、段返り人形、弓曳き童子、文字書き人形など、東芝創業者で、からくり儀右衛門と呼ばれた、(初代)田中久重(たなかひさしげ、1799~1881,...

» 続きを読む

2017年11月16日 (木)

野々村仁清(京焼色絵の祖)の色絵雉香炉(国宝)、色絵雌雉香炉(重要文化財)、石川県立美術館蔵、とは(2017.11.16)

 江戸時代、野々村仁清(京焼色絵の祖)によって作られた、色絵雉香炉(国宝)、また、色絵雌雉香炉(重要文化財)は、石川県立美術館(金沢)が所蔵、一般の人々が鑑賞できるよう、常設展示されています。    雄の雉香炉(国宝)は、尾を水平に延ばし鋭く前方を見る姿が、色彩豊かに表現されています。一方、雌の雉香炉(重要文化財)は、尾を斜めに上げ、毛繕いしている姿が、地味な色合いで表現されています。 ...

» 続きを読む

2017年11月14日 (火)

国宝の筆跡、平安時代の能筆家、三筆(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)と三蹟(小野道風・藤原佐理・藤原行成)、とは(2017.11.14)

 三筆(さんぴつ)は、平安初期の代表的な3人の能筆家。空海(弘法太師とも)・嵯峨天皇・橘逸勢。漢詩文の盛行など唐文化の強い影響下に、唐風の書法を発展させたと言われる。が、三筆の称が使われるのは江戸時代からである。  これにならい、寛永の三筆(本阿弥光悦・近衛信尹・松花堂昭乗)、黄檗の三筆(隠元隆琦・木庵性瑨・即非如一)、幕末の三筆(市河米庵・貫名菘翁・巻菱湖)、明治の三筆(日下部鳴鶴・中林梧悟竹・...

» 続きを読む

2017年11月10日 (金)

加賀の千代女(加賀國松任の俳人)、画賛軸、四季折々の風情の俳画、とは(2017.11,10)

 加賀の千代は、江戸中期の女流俳人で、「朝顔や つるべとられて もらひ水」の句で広く知られる。1708年(元禄16年)、加賀国松任(現石川県白山市)の表具師の娘として生まれた。  彼女が一生涯で詠んだ、約1700の句には、四季折々の風情が、数多く詠み込まれている。中でも「画賛軸」と呼ばれる、俳画作品は、昔から俳句愛好家たちの間で珍重されてきた。 〇 千代女四季の画賛 春の句 花にさへ 出ほしむあし...

» 続きを読む

2017年11月 4日 (土)

紅葉の季節(11月3日)、世界三大紅葉樹、ニシキギ、ニッサボク類似のノムラモミジ、スズランノキ類似のドウダンツツジ、県民の杜の風景、とは〈2017.11.4)

 昨日、文化の日(11月3日)は、気温11~21℃、湿度65%、朝から好天気に恵まれました。久しぶりに、近くの県民の杜を散策し、遊歩道沿いに季節の移ろいを観察しました。  紅葉は、最低気温が10℃以下になること、また最高と最低の気温差が15℃より大きくなることも要因の一つです。そのとき、緑葉に糖類が蓄積され、葉緑素が分解して、アントシアニンなどの色素が形成され、綺麗な紅葉となります。  ...

» 続きを読む

2017年11月 2日 (木)

西国三十三所、観音さまの慈悲に出会う旅、日本最古の巡礼の道、とは(2017.11.2)

 日本最古の巡礼の道とされる西国三十三所は来年、開創1300年を迎える。京都や奈良など、近畿地方を中心に、2府5県にまたがり、道のり1千キロ、33寺院に観音さま(観世音菩薩)がまつられた霊場である。    33の数は、観音経(法華経の一章)に説かれる、観音さまが、聖観音や十一面観音、千手観音など、33の姿に身を変え、悩み苦しむ人々の声を聞き、求めに応じて、救いの手をさしのべてくれる!  順序は、平...

» 続きを読む

2017年10月30日 (月)

正岡子規、囲碁殿堂入り(日本棋院、2017.10.24)、とは(2017.10. 30)

 日本棋院は、2017年(平成29年)10月24日、第14回囲碁殿堂表彰委員会で、明治の俳人・正岡子規(1867~1902)が、囲碁の発展普及に尽くした功労者として選び、囲碁殿堂入りを決めました。 正岡子規(1867~1902) 〇 囲碁殿堂入り決定者の経歴と選考理由 正岡子規(まさおか しき) 1867(慶応3)年-1902(明治35)年 伊予国(愛媛県)出身 歌人、俳人。評論、随筆など活躍は多...

» 続きを読む

2017年10月27日 (金)

初冠雪(2017)、日本三名山、富士山(10.23)、立山(10.17)、白山(10.26)、とは〈2017.10.27 )

 古来、富士山(3778m、静岡)、立山(3015m、富山)、白山(2702m、石川、福井、岐阜)は、伝統的な山岳信仰の山で、日本三名山、あるいは日本三霊山と呼ばれています。  初冠雪とは、山麓の地方気象台から、観測対象の山頂付近が初めて積雪などで白く見えることを言います。 今年〈2017年〉は、富士山(10月23日)、立山(10月17日)、白山(10月26日)でした。  なお、山頂付近で初雪が降...

» 続きを読む

2017年10月25日 (水)

波の花、輪島・曽々木海岸、岩場にふわり、とは(2017.10. 25 )

 日本海の冬の風物詩、「波の花」が、一昨日(10月23日)、国指定名勝「窓岩」を望む曽々木海岸(石川県輪島市町野町)に今秋、初めて発生しました。   金沢地方気象台によると、大型の台風21号の影響で、輪島市内では午前2時11分、最大瞬間風速38.4mを記録し、台風通過の影響で寒気が流れ込み、能登の外海は荒れていました。 海岸に打ち上げれた「波の花」、「窓岩」望む曽々木海岸、石川県輪島市町野町、20...

» 続きを読む

«アルファ碁ゼロ、アルファ碁の進化最新囲碁ソフト、新設計思想のもと独学で世界最強に! とは(2017.10.23)

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 歴史散歩とサイエンス(続)